ショッピングカートを見る
▼ おすすめ商品
▼ 人気ベスト9
▼ 商品検索

▼ メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
▼ ショップ紹介

サンロード店長 佐藤 久美子
アークトゥリー直営・湯沢サンロード店へようこそ☆
▼ フリーページ

ようこそ!アークトゥリーへ。
当店は25万個販売の「コケ丸くんシリーズ」を
はじめ、
自社加工のプリザーブドフラワーを
アレンジして全国出荷しているお店です♪




コケ丸くんシリーズ


コケ丸くんシリーズの魅力は、可愛い表情をした植物が
「心に笑顔」を届けてくれるところです。
仲間たちの種類は30種類以上!!
今もなお種類は増えていて、「見ているだけでも癒される」・・・そんな存在です♪

植えてある植物(アイビー)は比較的生命力の強い植物です。

本体部分の水苔は時間と共に変化し、少しずつ緑から黒っぽくなります。
約2年ほど室内で育ててあげて、苔全体が黒っぽくなったら大人になった合図。
コケ丸くんを土に埋めて自然に帰してあげてください。


[育て方]

・用意するものはだいたいこんなカンジ。
  /紊笋蠅良要なコケ丸くん
  底の深い器
  L舷瓩

・基本的に水道水での管理で大丈夫ですが、時々液体性の植物活性液をうすめたものを水に混ぜて吸水させてあげると、栄養補給になりますょ。


・水やりは週2回くらい。
    (コケ丸くんが乾いて軽くなったら)

・底の深い器にコケ丸くんの球体部分が隠れる程度の水を入れて、最低2時間くらい吸わせてあげましょう。
      (一晩吸わせられるとベスト!)




・コケ丸くんを取り出す時は、茎(または枝)はなく、コケ丸くん本体を持つようにして下さい。
植物にダメージを与えてしまうことに・・・

・すぐ器から出してしまうと水が滴り落ちて汚れてしまいますので、水を吸わせた後は軽く本体をしぼり水を切って飾ってください。



・霧吹きで週2回程度、葉の表裏に葉水をしてあげると病害虫の予防になります。
(5〜8月が害虫の一番活発になる時期なので、毎日霧吹きをしてあげると良いですね)

・直射日光があたる場所や、温度変化のはげしい場所はコケ丸くんが体調をくずしやすいので気をつけください。


・枝が伸びてきたら葉を2〜3枚くらい残して切ってください。
 断面からまた新しい芽が出てきますょ☆
 切った部分も挿し木で増やすことができます。


[もし枯れてしまったら?!]
・ペンチなどで、本体から枯れた植物を抜きとります。
・カラカラに乾燥するまで、外に置き天日乾ししてあげましょう。
 (↑病気などで枯れた場合の殺菌作業です)
・コルク抜きなどの鋭利な物で植物を抜きとった部分を広げて穴をあけてから植物を
 「挿し木」してください。
 (植物の種類は、コケ丸くんに使用している「アイビー」などの“つる性の植物”が簡単に
 再生しやすいのでおススメ!)
・植物が根を張るまで毎日1時間以上水風呂に入れてあげてください。
 約2週間後、挿し木した葉が枯れたりしおれたりしていなければ再生成功☆
 あとの育て方はいつもコケ丸くんを育てる感覚とおんなじですょ。




↑専用カップで育てるのもいいけど、こんな風にアレンジして楽しむのもおススメです♪


さらに「コケ丸くん」を知りたい方へ